ジャズドラマー浅井のルーディメンツクラブ開催!!

ジェイズ音楽教室ドラム講師「浅井先生」のルーディメンツに特化した特別クラスを開催します!

ドラムの基礎、ルーディメンツに焦点を当て、集中的に学んでいきます。マーチングドラムなどでご存知の方も多いかと思いますが、このルーディメンツを身に付けることで、演奏力があがり、複雑なドラミングが可能になります。又、意識的に練習することでスティックを自在に操ることができる“スティック・コントロール”が身に付き、アプローチ、表現が多彩になります。

ドラム初心者の方も大歓迎です。今までルーディメンツを素通りしてきたドラマーさんにもおすすめ致します!

全3科目の短期集中講座です。他にはドラムチューニング講座、ブルース・セッションなります。詳しくはブログをご覧ください!


<ジャズドラマー浅井のルーディメンツクラブ>

全6回に分けての短期特別講座です。

※練習パッドを使います。数に限りがありますので、ご自身の練習パッドをお持ちの方はご持参ください。

参加費:¥1,500/1回

人数:10人まで

開催日:毎月第4月曜日20時〜21時

第1回 7/26(月)1. Single stroke / 4basic strokes – アクセントとノーアクセントの叩き分け

第2回 8/23(月)2. Double stroke – リバウンド、手首と指の連携

第3回 9/27(月)3. Paradiddle – シングルとダブルの組み合わせ

第4回 10/25(月)4. Flam – 4basic strokesの発展

第5回 11/22(月)5. Drag – ダブルの安定化

第6回 12/27(月)6. Practical Etude – まとめ


【浅井翔太プロフィール】

6歳から電子オルガン、11歳よりドラムを習い始める。ヤマハPMSで伊藤孝志氏に師事。中学・高校では吹奏楽部に入部し、クラシックパーカッション全般を経験しながら様々なジャンルの音楽に触れる。

2007年 名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに入学しジャズドラムを黒田和良氏に師事。
クラシックパーカッション・打楽器アンサンブルを岡田知之、山口恭範、栗原幸江の各氏に師事。
2010年 ビブラフォン奏者Mike Mainieri氏と共演。同年より行っている台湾への定期的な海外遠征も好評を博している。
また打楽器奏者としても同大学の定期演奏会、打楽器演奏会や室内楽など、様々な演奏会に出演。
2011年 名古屋音楽大学を卒業。同年夏に渡米し、Centrum Jazz Workshopに参加。Jay Thomas、Gary Smulyan、Quincy Davisの各氏から直接指導を受ける。

現在は名古屋市のジャズクラブを中心にライブやレコーディングの他、CMにも出演。ドラム・パーカッション講師としても活動中。

おすすめ