J'z Studio本館

Jz West

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

2018NAMM Show – あの有名プロデューサーと

数々の有名アーティストのプロデュースを手掛け、グラミー受賞、ビルボードナンバー1などの経験を持つプロデューサー 、Jeffrey WeberにPJBブースでお会いする事ができました!

フィルジョーンズの古くからの友人で、今までロスやニューヨークのレコーディングスタジオを見学できたのも彼の紹介あってのおかげです。


2018NAMM Show – REMOのブースへ!

ドラムヘッドでおなじみのREMOのブースで、去年発売されたバケツドラムを発見。現物を触るのは初!これはかなりお気軽にお気楽に遊べます。
素手でしか叩いてないですが、音も良い!
日本もこういうったものをもっと音楽教育で使えるようになると、いいんじゃないですかねえ。。

別コーナーではヘッドの試聴コーナーが!ズラッと並んだ、タムとバスドラムに全て違うヘッドが張ってあり、音の違いを聴き比べることができました。なかなかこういう状態で比べる事はできないので、面白かったですね。

ちなみにジェイズのレコーディングではほぼEVANSのヘッドですが、今後REMOも試してみたいと思います。


2018NAMM Show – Universal Audioブースのセミナーへ参加!

NAMM最終日

プラグインでおなじみUniversal Audioブースのセミナーへ参加しました。

今回はグラミープロデューサーChe Pope。Lauryn Hill, Dr Dre, Kanye West, Eminemなどのヒップホップアーティストや、なんとサンタナのアルバムでも1曲プロデュースしています。
UADプラグインの説明もそこそこに、質問コーナーではプロデューサー、ソングライティングの立場からの制作のプロセスや彼の考え方を聞け、あっという間に30分で終了。
こういった何人ものトッププロデューサーやトップエンジニアの話を生で聞けるのも、NAMMショウの醍醐味ですね。


2018NAMM Show – あっという間の4日間!

NAMM Show 4日間、とても楽しく濃密な時間を過ごす事が出来ました!色々な面で沢山の発見があり、刺激も多く、実際にステージに立ったアーティストやエンジニアだけではなく、会場の前で演奏している人や見にきている人も素晴らしい人に沢山出会えました。

この会場を満喫するには4日間という期間はあまりに少なく、あっというまでした。このページに載せた写真以外にも沢山撮ったのですが、全てをご紹介出来ないので、少しだけ載せたいと思います!

とりあえず足がパンパンです。。。

J’z studioのFacebookページに、もう少し多く写真が載っているので、ぜひそちらもご覧ください!
https://www.facebook.com/JzStudio2007/


2018NAMM Show – 面白いチューニングシステム発見!

Welch Tuning Systemと言う会社が製作している、ドラムの面白いチューニングシステムを発見しました。写真を見てもらうとわかりやすいですが、上下のフープにワイヤーが通してあり、シェルに取り付けられたペグを回してチューニングしていくというシステムです。1本のワイヤーで上下のフープを締めているので、上下のヘッドを別々にチューニングすることはできません。

トラディショナルなパーカッションにはロープでチューニングするものがたくさんありますが、それを現代的にアレンジしドラムに組み込んだ感じでしょうか。実際に試したところ、ハイピッチからローピッチまで、チューニングが一瞬で終了します笑、上下のヘッドが均一に張られ、太鼓が素直に鳴ってくれる感じで非常に好印象でした。上下のヘッドを個別にチューニングできないところは少々難点ですが、それを必要とさせないぐらい、太鼓がバランス良く綺麗に鳴ります。

あとシェルにペグを固定する為の穴を開ける必要もなくなるので、そこも大きいのかもしれませんね。

レコーディングでもイレギュラーなチューニングが必要ない時、クリアで綺麗な音で録りたい時、ポップス、ジャズ、ロックなどラウド以外の音楽には向いてるんじゃないでしょうか。
リハスタにもこれ置いてあったら最高ですよね!リハの時ってドラムのチューニングを触らないドラマーさんって結構いるかと思います。(触らなくてもいいようにジェイズは毎日のようににチューニングしてますが!)でもそんな方もギターやベースと同じように一瞬でチューニングできちゃったら、これってすごい事だと思いません?スネア、タム、バスドラムまで全部の太鼓のチューニングやりだしたら最低でも10分はかかりますからね。(ギター&べースは遅くても1分以内)
スタジオでも一度使ってみたい製品です。