J'z Studio本館

Jz West

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

好評発売中!ジェイズコーヒー!

売り切れていたジェイズコーヒーの豆が入荷しました!

焙煎の深さを変えた2種類の豆をブレンドしており、フルーティな香りとすっきりした酸味が特徴です。

その場で飲むこともできるので、まだ飲んだことがない方、ぜひ一度お試しください!


2018NAMM Show – 面白いチューニングシステム発見!

Welch Tuning Systemと言う会社が製作している、ドラムの面白いチューニングシステムを発見しました。写真を見てもらうとわかりやすいですが、上下のフープにワイヤーが通してあり、シェルに取り付けられたペグを回してチューニングしていくというシステムです。1本のワイヤーで上下のフープを締めているので、上下のヘッドを別々にチューニングすることはできません。

トラディショナルなパーカッションにはロープでチューニングするものがたくさんありますが、それを現代的にアレンジしドラムに組み込んだ感じでしょうか。実際に試したところ、ハイピッチからローピッチまで、チューニングが一瞬で終了します笑、上下のヘッドが均一に張られ、太鼓が素直に鳴ってくれる感じで非常に好印象でした。上下のヘッドを個別にチューニングできないところは少々難点ですが、それを必要とさせないぐらい、太鼓がバランス良く綺麗に鳴ります。

あとシェルにペグを固定する為の穴を開ける必要もなくなるので、そこも大きいのかもしれませんね。

レコーディングでもイレギュラーなチューニングが必要ない時、クリアで綺麗な音で録りたい時、ポップス、ジャズ、ロックなどラウド以外の音楽には向いてるんじゃないでしょうか。
リハスタにもこれ置いてあったら最高ですよね!リハの時ってドラムのチューニングを触らないドラマーさんって結構いるかと思います。(触らなくてもいいようにジェイズは毎日のようににチューニングしてますが!)でもそんな方もギターやベースと同じように一瞬でチューニングできちゃったら、これってすごい事だと思いません?スネア、タム、バスドラムまで全部の太鼓のチューニングやりだしたら最低でも10分はかかりますからね。(ギター&べースは遅くても1分以内)
スタジオでも一度使ってみたい製品です。


2018NAMM Show – これはおもしろい!

NAMM3日目の今日は楽器関連のブースも一回りし、面白いものを発見しました。
ドラムの練習パッドに円柱の棒が取り付けられ、スティックを垂直に上げれるようにするTone allyという強制矯正パッド。

これはドラムのレッスンに使えると思い、すぐに1個購入しようとしたのですが今日はもうないとの事… 明日朝一で行こうと思います。

ドラムのレッスンで、特に始めたばかりの人は、スティックを垂直に上げるという動作が難しいので、この製品はかなり活躍しそうですね!

 


2018NAMM Show – KUMU Ukuleleの代理店に!

本社JESがハワイのウクレレブランド、KUMU Ukuleleの代理店になる事が決定しました!
ハワイアンKOAを使いながらも、リーズナブルな価格で本格的なハワイアンウクレレサウンドを実現しています。

日本での販売開始は4月頃になりそうです。ジェイズでもフラ教室、ウクレレ教室、ハワイアンミュージックのレコーディングなど、ハワイアン関係との繋がりも強いので、さらに盛り上がりそうですね。どうぞお楽しみに!


NAMM Show 2018いよいよスタート!

NAMM Show 初日!
朝は曇っていましたが、日が登るにつれて晴れてきました!
お昼頃からKAZU 横地 チームでレコーディング機器やPA機器等が重点的に置いてある別館へ!

今回はAES(音響機器展示会)も同時開催の為沢山のブランドが出展しているので、今日は1フロアをサクッと下見してきました!

その中で少しだけご紹介します。

まずは、SONYブースで26年ぶりの新作マイク C-100を視聴してきました!
ウインドチャイムを実際に鳴らしてヘッドフォンで視聴しましたが、ハイレゾ対応だけありクリアで再現度が極めて高くてビックリ!ドラムのルームマイクで使用してみると面白そうです!

次にUADブースにて、プラグインと実機の聴き比べコーナーが!
残念ながら、行った時には空いておらず試す事は出来ませんでしたが、また明日以降チャレンジしてみようと思います!

エンジニアに人気のサイト MIX WITH THE MASTERSブースでなんと Jimi Hendrix 等で有名なエンジニア EDDIE KRAMER が!!

明日以降もこのブースでは超有名エンジニアが続々登場するので、またお伝えします!

<横地>