今回の2YOUはジェイズでずっとレコーディングをしてくれているバンド「スロウハイツと太陽」のギタリスト、山田楓記君に広告モデルになって頂きました。レコーディングの合間に撮影させてもらい、ジェイズが誇る1stのアンプ群を少々おおげさに並べてみました笑


実際のレコーディングで出番が多いのはSoldano/SLO-100やBogner/Shivaや、JCM800, Twin Reverbあたりですが、ジャンルや目指す音、ギターの種類などに合わせてその都度変えていくことも多いです。Soldanoはドライブさせた時のサウンドが最高に気持ちよくなってくれます。ペダルで若干ブーストさせて音の粒を細かく揃えてアンプへなんてのもよくあります。Marshallの2発キャビとの相性も抜群です。Bognerはスピード感があって歪みもクリーンも粒がそろっていてほんと綺麗に鳴ります。他にも王道マーシャル、フェンダーから様々なアンプを揃えており、ベースアンプもPJB、アンペグからビンテージのAcoustic,アンペグもあります。

レコーディングではこのような感じで色々なアンプを試しながら理想のサウンドを作っていくことがジェイズでは可能です!