J'z Studio本館

Jz West

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

2018NAMM Show – あの有名プロデューサーと

数々の有名アーティストのプロデュースを手掛け、グラミー受賞、ビルボードナンバー1などの経験を持つプロデューサー 、Jeffrey WeberにPJBブースでお会いする事ができました!

フィルジョーンズの古くからの友人で、今までロスやニューヨークのレコーディングスタジオを見学できたのも彼の紹介あってのおかげです。


2018NAMM Show – Best Teaching Tool!!

先日紹介したドラムのスティックコントロール矯正ツール「ToneAlly」をNAMM最終日に入手できました!
「ToneAlly」紹介記事はこちら↓
http://urx3.nu/Imrk

日本で使われるのは初めてだよ!と、代表のトニーさんがすごく喜んでくれました。

アメリカの音楽雑誌が選ぶBest Teaching Tool 2018のひとつにも選ばれ、メーカーのあるイギリスではすでにドラムスクールなどで結構使われているそうです。
レッスンで使うのが非常に楽しみですね。


2018NAMM Show – REMOのブースへ!

ドラムヘッドでおなじみのREMOのブースで、去年発売されたバケツドラムを発見。現物を触るのは初!これはかなりお気軽にお気楽に遊べます。
素手でしか叩いてないですが、音も良い!
日本もこういうったものをもっと音楽教育で使えるようになると、いいんじゃないですかねえ。。

別コーナーではヘッドの試聴コーナーが!ズラッと並んだ、タムとバスドラムに全て違うヘッドが張ってあり、音の違いを聴き比べることができました。なかなかこういう状態で比べる事はできないので、面白かったですね。

ちなみにジェイズのレコーディングではほぼEVANSのヘッドですが、今後REMOも試してみたいと思います。


2018NAMM Show – NAMM飯を紹介!

Kazu&横地チーム、JESチームより1日遅れで無事ロスより帰国致しました。帰りはインチョンでの乗継ぎが12時間以上あったので空港近辺のホテルで1泊し、翌日名古屋へ🛩 韓国は雪が少し積もっていて、日本以上に寒かったです❄️インチョン空港は早朝にもかかわらず大混雑で、ゲートに行くまで90分と長い道のりでした。。

ということで、無事に帰国しましたが、まだ載せきれていないNAMM関係の情報もあるので、もう少々お付き合いください。

まずは4日間も続くNAMMショーですが、朝から夕方までほぼ歩きっぱなし。毎日10km近くも歩けば腹も減るという事で、NAMM飯のご紹介(笑)

会場を出たところに、移動販売のトラックがズラリと並んでいます。ハンバーガーやピザなど、それなりにメニューはあったんですが量と行列の関係で、写真の通りほぼ毎日メキシカンでした(笑)日本人にはこれぐらいがちょうどいいです。おかげで太る事なく帰ってこれました。