J'z Studio本館

Jz West

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

QaijffのワンマンライブPAに行ってきました!

J’z StudioがレコーディングやライブPAのサポートをしているQaijffのワンマンライブがちくさ座であり、ジェイズスタッフからPAで松井、ステージで横井が参加しました。

th_10625145_850360138316226_4667501766824184499_n

ちくさ座は円形のステージをお客さんが囲むので音響的には難しい面もありますが、音響チームで案を出し合い、会場の響きと楽器の生音を活かすように音響設計をしました。

th_1622194_850360214982885_1269153991710980420_n
th_10628386_850360191649554_3515923545561164410_n

ミックスもなるべくスピーカーの存在感を感じさせないよう、バンドが出す音に意識が向くよう心がけました。
これはなかなか上手くいったと思います。

th_10659326_850360258316214_8672704212190228957_n

ライブはソールドアウトで多くのお客さんが入り、バンドの演奏も照明の演出もバッチリ決まり、しっかりと楽しめるものになっていました。

th_1904023_850360308316209_8544822099264394902_n

ライブハウスとは違う環境と演出で魅せるライブも楽しいですね!
ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!

 

 


スレイタさんのソロレコーディング

つい先日開通したジェイズ・ウエスト2stと3stを使ってのレコーディング!ジェイズのウクレレ講師スレイタさんのソロです。2stで演奏、3stをコントロールルームとして使用。

ゴダンのウクレレ/MultiUkeを使っていますが、生音も非常に良いのでマイクも立てたところ驚くほどに立体的で生々しいサウンドで録れました。JZ MicのFlamingo STDを使ったのも大きく影響したと思われます。近日その一部のサウンドをお披露目できるかもしれません。

Slata-1

もう夏も終わりに近づいて来ましたが、
楽器に季節は関係ありませんね!

Slata-2

レコーディングそして、ウクレレの体験レッスン、
絶賛受付中ですよ〜!

<詳しくはジェイズWebサイトへ>
レッスン案内ページ
レコーディング案内ページ


ロープライトをリニューアルしました!

ジェイズ本館のロープライトをリニューアルしました。トータル50mの長さを無駄のないように配線していきます。

LopeLight-1

少し前の雷で一部回路が焼きつき1週間ばかり無点灯となったので、予定外の交換リニューアルとなりました。

LopeLight-2

もともとは少し明るくとして始まったロープライトもジェイズのトレードマークのようになってきました。あるとないでは明るさだけでなく大分雰囲気が違いますね。

LopeLight-4

レコーディングの情報が多いジェイズFBにぜひ!


Jerry Jemmottクリニック&ライブ総集編

もうすでに一ヶ月前近くになりますが、8月2日に開催された「ジェリージェモット、クリニック&ライブ」は大盛況のうちに終了!ほぼリアルタイムでJ’z Facebookに色々とアップしていましたが、今回総集編としてのレポートです。

非常に記憶に残る素晴らしい一日でした。表面的なテクニックや理論だけでなく、あらためて音楽をやることの原点と意味を考えさせてくれる内容でした。ベーシストだけでなく全ての楽器のプレーヤーにも大いに参考になったのではないでしょうか。▶Jerry Jemmottオフィシャルサイト

この日のメンバーは左から:
松田肇(G)、瀬川信二(Vo, B,コヤブボード)、Jerry Jemmott、竹内義人(Dr)、子安文(B, Violin)、山崎修隆(Key)

JJ-7

アメリカのベーシストの間でもGroove Masterと呼ばれるLegendのベーシスト。心地よいグルーブが響き渡ります。

JJ-10

今回の企画プロデュースの中心人物、瀬川信二さん(センチメンタルシティロマンス)。瀬川さんが弾いているのはコヤブボード

JJ-8

そしてベーシスト、バイオリニスト、英独通訳、作家とマルチな才能のFoomy Koyasuこと子安文。

JJ-1

リアルタイムな情報はジェイズのFaceBookでお伝えしていました。よろしければそちらの方もぜひチェックを入れて下さい。

JJ-4

打ち上げで。ジェリーさんの箸さばきも中々です。そば、かつ鍋、茶碗蒸し、などをきれいに完食。バックメンバーも今回ツアー最終日終了後ということもあって、皆リラックスの笑顔。

JJ-3

下は、Jes、瀬川、Jerry、Foomy Koyasu

JJ-5

….. と普通ならここで終わってしまいますが、その後も色々と調べると、あらためてすごい人なんだとの実感が!彼の評価につながる経歴の一部に迫ってみました。こちらのサイトからも以前の代表的な音楽活動や音源の情報が見られます。

下の写真の右は、な、何と、Duane Allman!そして、Aretha Franklin。ベースは若かりし頃のJerry Jemmott。1968〜1970頃と思われます。

0

こちらもDuane Allmanとのレコーディング風景。Allman Brothers Band結成前は、Jerryと一緒にスタジオ・ミュージシャンとして一緒のことが多かったらしいです。

Duane-in-Studio-

才能を開花させながら若くしてこの世を去ったKing Curtisとの共演も多く、特にこのビデオ(サウンドのみですが)は良く知られています。Bernard Purdieのドラムも後々語り継がれています。ギターCornell Dupree、キーボードはBilly Preston。1971年のFilmore Eastでのライブでの、このグルーブとリズムは今聞いても新鮮で強烈です。

King Curtis – Memphis Soul Stew Live At Filmore West

King CurtisとJerry Jemmott。

JerryKingCurtis

そしてこちらは、B.B.King。彼の最大のヒット曲となったThrill is Goneのベースラインは、Groove Master、Jerry Jemmottの真価が発揮されて完成したと評価されています。

BB-Thril-is-gone

1985-Instructional-video-Modern-Electric-Bass
ジャコパストーリアスのこのビデオでは、彼が尊敬するJerry Jemmottとの対談と一緒のプレイも見られるようで非常に興味深いです。このブログを書きながら入手しようと思いましたが、完売のまま入手はできず ….. 残念!

1985-Instructional-video-Modern-Electric-Bass

Greg Allman Bandでは1980年代からJerryがベースで参加しています。

GregAllmanBand

こちらは数年前の恒例N.Y.のBeacon TheaterのAllman Brothers Bandライブでゲスト出演した時の写真です。

Jerry_Jemmott

こちらが最後にご紹介する写真ですが、Tedeschi & Trucks Bandにゲスト出演した時のものかと思われます。

jerry-3

 Jerryさん、今回の企画をプロデュースした瀬川さんとFoomyさん、バックメンの方々にも感謝です!お疲れ様でした! 関係者の皆様、そしてお越し頂いた皆様ありがとうございました!!

また機会があったらぜひJerryさんをお招きして同様の企画を実現したいと思います。….. と書いていた矢先にJerryさんから来年も日本に行く可能性がでてきたので、またさらにグレードアップした内容でクリニックやライブを演りましょうとのコメントがありました。


観葉植物をリニューアルしました!

今、各地で異常天候となっていますが、
もうぼちぼちこの暑さもピークではないでしょうか?

Parking-2

駐車場周辺の草の成長が非常に早く、連日の草刈りも今がピーク ….. となって欲しい此の頃です。

Parking-1

今回地味なニュースですが、
つい最近、本館内の観葉植物をリニューアルしました
気がつきにくいと思いますが、色々と変わっていますよ。

ドラセナ・ゴッドセフィアナ(新規導入)

1-ドラセナ・ゴッドセフィアナ

カラテア・マコヤナ(新規導入)

2−カラテア・マコヤナ

シェフレラ(新規導入)

1−シェフレラ

ユッカ
入り口周りにありますが、土の入替でまた元気が出てきました。

4−ユッカ

以上、今回ナチュラル志向のニュースでした。

ジェイズのFacebookページはRECを中心に更新しています。真夏の間もレコーディングだけでなく、バンドツアーのエンジニアのお呼びがかかったりで大忙しでした。ぜひ1度覗いてみてください!