J'z Studio本館

Jz West

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

オリコンインディーズチャート1位獲得!!

J’z Studioがレコーディング、ミキシングを担当しているヒステリックパニックの新作「センチメンタルサーカス」がオリコンインディーズチャートで1位を獲得!メンバーから報告の電話をいただきました。おめでとうございます!!

明日からリリースツアーも控え、名古屋は8/5にクアトロでツアーファイナルがあります!ぜひ遊びに行きましょ〜!

<ヒステリクパニックWeb site>
http://www.hystericpanic.com/

236

ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!


ソウル界の重鎮 ジェリー・ジェモットのベースクリニック&ライブ開催!! Vol.5

あのジャコが影響を受けた伝説のベーシスト「Jerry Jemmott」(ジェリー・ジェモット)のベースクリニックがいよいよ来週8月2日(土)にJ’z studio Westで開催されます!

A4_omote_400

ジェリー・ジェモット氏にとっては日本で始めてのクリニックです。

伝説のベーシストのテクニックを間近で見れるチャンスなので、お見逃しなく!

 

今回は、クリニック後に行われるスペシャルライブのメンバーである、この二人をご紹介します。

竹内義人

竹内義人 (ドラム)

東京コミュニケーションアート専門学校ミュージシャン科、翌年、カルフォルニア州Musicians Instituteに留学。沼澤尚氏、Joe Porcaro、Ralph Humphrey等に師事しFUNK, SOUL,J AZZ, LATINなどを学ぶ。ダイナミクスレンジの広さ、グルーヴ感に定評があり、Jeff Porcaroをこよなく愛する。
主な共演アーティストは石川寛也(from COOL JOKE)、因幡晃、大野真澄、GATS TKB SHOW、酒井優、奈良井恭子、ばんばひろふみ、村岸カンナ、持田浩嗣、本園太郎KALEIDOSCOPE ROCKESTRA、Lirical School、ROMANSING PLANTS(50音順、敬称略)等。また、企業CM等音源にも参加。

 

yamazaki

山崎 修隆 (キーボード)

中学3年生でギターを始め、大学4年生の時にピアニストに転向。
ジャズピアノを石川皓一氏に師事。ポピュラーピアノを松田光弘氏に師事。
現在、関東各地のレストラン等で演奏。
また、2013年まで田代美代子のバックバンドで定期的に演奏。

 

当日は、Jerry Jemmott、瀬川信二、子安文の3人のベーシストに、この2名を加えたスペシャルバンドでライブお届けします。

トッププレーヤのクリニックにスペシャルライブと、内容の濃いイベントとなっていますので、お時間ある方はぜひご参加ください!

まだ若干、空きがありますので、迷われている方はお早目にご連絡下さい!

 

Open / Start::18:00/18:30
Clinic & Live : ジェリー・ジェモット/瀬川信二(センチメンタル・シティ・ロマンス)/子安文/竹内義人 /山崎修隆
Charge 前売り:¥2,000
当日:¥2,500
学生:¥1,500
人数:限定30名

ご予約・お問合せJ’z Studio
0561-72-9805

ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!


ソウル界の重鎮 ジェリー・ジェモットのベースクリニック&ライブ開催!! Vol.4

あのジャコが影響を受けた伝説のベーシスト「Jerry Jemmott」(ジェリー・ジェモット)のベースクリニックが8/2(土)にJ’z studio WESTで開催されます!

Jerry_bnr

今回のイベントは70年代から活動している名古屋のロックバンド「センチメンタル・シティ・ロマンス」のベーシストとして活躍する瀬川信二氏と 子安文氏のBOOKEND STUDIOプロデュースのもと開催。

ジェリー・ジェモット氏にとっては日本で始めてのクリニックですのでお見逃し無く!

 

今回のブログではこのイベントの総合企画者である、瀬川信二氏と子安文氏をご紹介。

瀬川信二ブログ

瀬川信二

結成40年を迎える伝説のバンド、センチメンタル・シティ・ロマンスのメンバーとしての活動を中心に、プロデュースやタッピング楽器の奏者としての活動で、ゴスペル、ブラジルpん学、カントリー等、国内外で活動中。アウトロー・カントリーの啓蒙活動も積極的に行っている。リットー・ミュージックより出版の『1セット10分からはじめるデイリー・ベース・トレーニング』の著者で、2013年にはベース・マガジンで連載記事を執筆等多方面で活躍中。

 

子安文プロフィールブログ

子安文

東京生まれ、ドイツ育ち。5歳で久保田良作と堀米ゆず子の元でクラシック・ヴァイオリンを始め、6歳で渡独。バイエルン交響楽団のコンサートマスターK.C.Stler氏、ソロ・ヴァイオリニストJ.Laurent氏の元でヴァイオリンを学び、ミュンヘン音大で音楽理論を学ぶ。一方、15歳でギターを学び、ベーシストとしてプロデビュー。ミュンヘン、シュタイナー学校を卒業、ミュンヘン大学にてドイツ文学と英語文学専攻。NHK『ドイツ語講座』にレギュラー出演。ニューヨーク、ナッシュビルなどで演奏活動の他、専門誌の取材、翻訳、執筆を行う。ライブサポート、レコーディング:T.UTU(宇都宮隆)、ジョナサン・カルプ、ルイス・ジョンソン、R.B.ストーン、アレックス・イーズリー、ヴァン・クルー、べイプ・ハンナ、ケラップ・ジェームズ。

 

ジェリー・ジェモット、瀬川信二、子安文。この3人のベースプレーヤーが一同に会する貴重なイベントです。各ベーシストがそれぞれ異なったPJBベースアンプをどのように弾くのかも要注目です。

クリニック終了後にはスペシャルライブありと、内容の濃いイベントとなっておりますので、興味がある方はぜひご参加ください。

 

Open / Start::18:00/18:30
Clinic & Live : ジェリー・ジェモット/瀬川信二(センチメンタル・シティ・ロマンス)/子安文/竹内義人 /山崎修隆
Charge 前売り:¥2,000
当日:¥2,500
学生:¥1,500

ご予約・お問合せJ’z Studio
0561-72-9805

ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!


Turtle Island EUツアー Vol.2

先日終了した、愛知・豊田のバンド「Turtle Island」のEUツアーにジェイズスタッフ松井がPAエンジニアとして同行しました。現地レポート第2弾です! 

今日はポルトガルのローレという町のFestival Medへ出演しました。
町をあげてのフェスで町の広い範囲を使って開催されます。

th_10447159_815799901772250_3681042596611836318_n

着いてすぐにリハーサルでしたが、すぐに感じたのはスタッフの仕事の質の高さ。セットアップもスムーズ、リハーサル後もバンドのセッティングを正確に記録して「本番の楽器セットチェンジもわれわれがやります」とのこと。海外の有名アーティストがポルトガル人のスタッフを重用すると聞いたことがありますが納得です。

th_10367803_815800105105563_8368763550083063126_n
今回のミキサーはDiGiCo SD11。デジ卓の中では最も使いやすく、アナログライクに操作できるので大好きです!

th_10449512_815799991772241_3942995729658525761_n

本番は夜中12時過ぎにスタート。しかし沢山のお客さん!お客さんの反応も含めこういう町フェスは気持ち良くライブができますね!

th_10446627_815800058438901_6906254811992666897_n

th_10501985_815800221772218_6122295266621833735_n

街自体も凄く綺麗に街並みが残っているし、魚がメッチャクチャ美味しい。
以前ツアーで行ったモロッコを思い出しました。
ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!


Turtle Island EUツアー Vol.1

先日終了した愛知・豊田のバンド「Turtle Island」のEUツアーにREC/PAエンジニアの松井が同行しました。その時の現地レポートをお届けします!

TURTLE ISLAND グラストンベリーフェス。無事終了です!
まずはメインステージ。ミキサーはAVID、PAスペースに5台ものミキサーが設置されており、出演前に落ち着いて準備できます。

th_10443382_815489095136664_6756786037285505404_n

回線が間違って接続されるなどのトラブルもありましたが無事やり切る事が出来ました!その後メンバーとのミーティング、反省会などを経て2ステージ目は解除際奥のシャングリラヘルステージ。

非常に雰囲気がよく、お客さんとの一体感のあるライブになりました。

th_10455645_815489131803327_7329612656967958698_n

グラストンベリーフェスはステージも数多くあり、それぞれに雰囲気の違うエリアを作っています。サーカスや大道芸など音楽を中心としたカルチャーを多面的 に楽しめるようになっており、このフェスの真髄はステージの規模などよりこうした深く根付いた音楽文化をたっぷりと堪能できる事にあると感じました。

ここは日本のフェスではなかなか体験できないですね。
ただその一方ゴミも目立ち、日本のフェスの環境保全の意識との結びつきの長所も感じることができました。

th_10259772_815489458469961_3725468239210582846_n

ジェイズのFacebookページもRECを中心に更新していますので
ぜひ1度覗いてみてください!