NAMM SHOWには当然ながらドラム、パーカッション系の出展も数多くあります。

IMG_3864

今回、レコーディングで使用するシンバルに当たりをつけたいという事もあり、かなりの時間をかけてシンバルを試聴してきました。

こんな風に数多のメーカーのシンバルを並べて叩ける機会なんてなかなか無いですからね。

IMG_3857

聴いておっと思ったものを紹介していきます。

MEINL  Byzance Vintage Pure Ride

説明書きを読むと「モダンな音楽シーンではコントロールされた音が必要であるためにわざと使い古したシンバルを使っうことがあります。このシンバルならすぐにそれが手に入ります!」というような事が書いてあります。

IMG_3858

そう!暗いシンバルが欲しい時あるんですよね。常にそれが正しい訳ではありませんが、選択の一つとしてそういうシンバルがあると助かります。

SUPER NATURAL CYMBALS  Mystic Hi-Hat

IMG_3863

ダークでありながらオープン時にボワンとせずハイハットらしい音色

Zildjian  KEROPE

IMG_3861

そこまでダークなトーンに振っている訳ではありませんがキラキラしすぎずナチュラルにまとまっています。

Soultone  Vintage old school

IMG_4052

これも見たままの音ですが、暗すぎずバランスがいいです。

 

シンバルの音ひとつとってもバンド全体の聞こえ方に大きく違いが出てきます。

J’z Studioではそれぞれのアーティストが、自分達の音をどう聞かせたいのか追求していく為の手助けができるスタジオにできるよう、部屋によってアンプやシンバルを変えています。

NAMM SHOWに毎年来て多くの楽器、アンプ等を聴いているという事がそれに一役立っている事を改めて感じました。

アーティストのみなさんも是非その環境を活用してより強い楽曲表現ができる練習をしてもらいたいと思います。

楽器、アンプ、チューニング、演奏のタッチ、すべてが影響しています。