J’z WestのW-1スタに使われているメインP.A.スピーカーは、見た目のサイズの割に強力で、音質が良いと定評のElectro VoiceのZX5を使用しています。

< Electro Voice ZX-5 Spec. >
■15インチウーハー×1、2インチダイアフラムコンプレッションドライバー■許容入力:1200W(プログラム)2400W(ピーク)■周波数特性:58Hz~15kHz(-3dB)、41Hz~20kHz(-10Hz)■出力音圧レベル(1W,1m):99dB■最大音圧レベル(ピーク算出値):133dB■クロスオーバー周波数:1.5kHz■指向角度H90°xV50°■入力端子:スピコン×2■寸法、重量:44.6W×69.2H×41.1Dcm、22.2kg

….. と、
強力なスペックを誇るP.A.スピーカーも使用法によっては故障することも有ります。

サウンドがしゃきっとしないので調べてみると高域用のダイアフラムが破損しており(涙!… 交換費用約2万円)!解体するのに手間取りましたがダイヤフラムを交換し何とか直りました!スピーカー・キャビネットの中はこんなふうになっています。手にしているのが高域用のダイアフラムです。

通常の使用ではまずスピーカーが破損することはありませんが、可能性的に一番考えられるのは、フィードバック又はキーボードや外部音源の過大入力でしょう。

不要な大音量を避けたり、マイクの向き、ボーカルの立ち位置の工夫でフィードバックも最小限に抑えることができます。またWestのW-1スタには3つのフロアモニターがあり、それらを効果的に使えば充分に快適な環境で音楽を楽しむことができます。モニターの使い方など不明な点がある場合はお気軽にスタッフにご相談ください。