ヨーロッパツアー中の DEATHGAZEのP.A.エンジニアとしてツアーに同行している松井君の現地レポートをお伝えします。

今回Part-3はドイツのケルンとハンブルグからです。現在ツアーの中盤ですが、地理的なことと日程を考えるとかなりタイトなツアーです。

DEATHGAZE EUROPE TOUR 2013
2013.07.04 : Show @ Rock for People (プラハ/チェコ)
2013.07.06 : Show @ La Boule Noire (パリ/フランス)
2013.07.07 : Show @ The Underworld (ロンドン/イギリス)
2013.07.09 : Show @ Werkstatt (ケルン/ドイツ)
2013.07.10 : Show @ Headcrash (ハンブルグ/ドイツ)
2013.07.12 : Show @ Firlej (オストラヴァ/ポーランド)
2013.07.13 : Show @ Szene (ウィーン/オーストリア)
2013.07.15 : Show @ Feierwerk (ミュンヘン/ドイツ)
2013.07.17 : Show @ Plan B(モスクワ/ロシア)

DeathGaze10th

DEATHGAZEオフィシャルHP

 

—– 以下、松井君からの現地レポートです。—–

DEATHGAZE EUツアー今日はドイツのケルン公演

沢山のお客さんで盛り上がりました。ライブハウスも日本のライブハウスに近い雰囲気で音もタイトで作りやすい。日本でのライブに近いものを見せられたのではないでしょうか。

ミキサーはYAMAHA M7CL。チェコもこれだったしヨーロッパで普及してるみたいですね!ガッツのある音にするにはちょっと工夫のいる卓ですが日本人としては嬉しいですね。」

DeathGazeKoeln

 

今日はドイツ、ハンブルグです

ライブハウスに入ったところステージもミキサーも何もなく、これから作るとのこと。さらにハコのPAさんがさっき病院に行ったから戻ってきてから音響を組んでくれと言われました。今日のように海外では日本ではあり得ないような時間の感覚に出くわす事があります。もう慣れましたが、はじめは驚きました。

ミキサーはPRESONUSのデジタルミキサーですが初めて使いました。痒いところには手が届かないものの、使い方が明快で時間が少ない今回は助かりました。」

DeathGazeHumburg

ツアー終了後の7/28(日)にはボトムラインでのライブが決定しています。(ツアー・スケジュールはこちらから)

….. J’zレコーディングエンジニア松井レポート続く …..