J'z Studio本館

Jz West

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

J’z Live Vol.2 @本郷アルマジロ

こんにちは!
スタッフのSHINGOです。

7/28(日)に本郷アルマジロで行われた、J’z Live vol.2が終了しました。今回は、この4組が出演してくれました。

 

<MOONSHOTS>

7586

ジェイズ主催のライブといえばこのバンド!5月に行われた6周年記念ライブにも参加してくれました!今回もアップテンポなカバー曲を披露。
MOONSHOTSブログ

 

<CHAR BOYS>

7582

ほんとは、13人の大所帯バンド。今回はその中から4人が参加してくれました。なんだか夏っぽさを感じさせられる気分になりました!
CHAR BOYSホームページ

 

<岡 洋史>

7583

カフェや路上などいろいろな場所で演奏している、シンガーソングライター。まっすぐな思いの歌詞とハイトーンボイスがとてもよかったです!
岡洋史フェイスブック

 

<Duck Bros.>

7584

そして、最後はごきげんなブルースでシメです!昨年も出演してくれたDuck Bros.の皆さんでした!
DUCK BROS.ユーチューブ動画

さらに、スペシャルセッションもやりましたよ~。

7585

ジェイズスタジオオーナーJesと、BluesWorkShopでお馴染みのKen Iwaiさんも参加してくれました。

最後にみんなで記念撮影

7587

参加してくれたバンドの皆様、
ありがとうございました!

次のライブのバンド(4組)を募集中です!
ソロ~バンド、ジャンル問わず。
日程:10/13(日)
会場:アルマジロ
(地下鉄本郷駅から2分)

J’z Liveはスタジオ利用のお客様に、
ライブの場を提供するだけでなく、
バンド間の情報交換の場としても利用してもらえればと
思っています!

申し込み、お問合せはお気軽にスタッフまで!

0561-72-9805

Toshi Minagawa Tour 2013 “Beginning”

以前にも紹介した

Toshi Minagawa
Tour 2013 “Beginning”

6/20からスタートしたロングツアーも、いよいよ終盤。下記3つのライブを残すのみとなりました。

TMG

以前J’z Facebookでも紹介しました、名古屋の若手ブルースロックギタリスト、Toshi Minagawa君のJ’zでレコーディングをした新作CDのレコ初ライブツアーです!

改めて紹介させてもらいますが、彼は日本を代表するギタリストの1人「ichiro」さんのツアーローディーをこなす傍ら、一緒にライブにも出演してしまうほどの実力派ギタリストです。そんな彼のリーダーバンドの1st Albumは6月に発売開始となり、現在全国ツアー中です!

” Toshi Minagawa / Beginning “

3ピースのストレートなアメリカンスタイルロックバンド。ハードロックナンバーから、ゴキゲンなシャッフル、ブルースまで幅広く聴かせてくれます。アルバム1曲目の「Trip」を少しだけ試聴できるようにしましたのでぜひ聴いてみてください!

Toshi Minagawa

今回のツアーの中から写真をセレクトしました。

Toshi-3

TMG-2

Toshi Minagawaの今後の活躍にもご期待ください。


機材増強プロジェクト <その3> J’z WestのW-1にあのブティックアンプが!

West-1 studio(18帖)に
ブティックアンプを1台導入しました!

写真右のBOGNERの隣に従来からあるVOXのAC30ですが、

West1Vox

 

これに変わって、
SOLDANO/ソルダーノを導入しました。組み合わせるキャビはマーシャルの1922キャビ(2 x 12″)。サウンドイメージが大きくなりすぎず(ボリュームでなく)コントロールしやすいサイズのキャビです。

West1Soldano

 

入手したのは1990年代初期頃のもので、少し前に親しくしているギタリストから譲り受けました。SOLDANOは1990年前後からスタートしたロスアンジェルスの工房で制作されるブティックアンプの代表ブランド。SLO-100は1990年代にエリック・クラプトンが使用したことで知れ渡ったモデルで、その後に出た色々なハイゲイン・チューブディストーションのスタンダードとされています。モデル名のSLOはSuper Lead Overdriveの頭文字から来ています。

今も同じモデルが制作されていますが、このJ’z West のW-1スタのものはエリック・クラプトンが当時使用していたのと同年代のものです。ブティックアンプに興味ある人だけでなく、クラプトン好きにはたまらないモデルでしょう。オプションでなく常設アンプとなっていますので、ぜひお試し下さい。(注)何分20年ほど前のものでコントロールノブが一部破損していた為、ご覧のようにチキンノブに変更してあります。

West1SoldanoHead

 

あらためて見ると、West W-1スタは、レコーディングのメインルームと言うこともありますが、ギター・アンプがかなりの大家族になっています!

下の写真左から、Bogner/Soldano 、そして、
4つのアンプを選べるセレクタースイッチ付きでMarshall JCM2000 DSL100/Marshall/JCM800/Mesa Boogie MK-III/Marshall 1959、さらにこれに繋げるスピーカーキャビもMarshall 4×12″(JBLに改造)またはMesa Boogie(4×12″)のどちらかがセレクトできるJ’zオリジナルのシステム。最後に一番右が世界標準のRoland JC-120。

WEST1-1

 

今回ギターアンプばかりハイライトしていますが、ベースアンプも負けてはいません。手前がPJB/フィル・ジョーンズのフラッグシップのシステムで24 x 5″のピラニアスピーカーにM500ヘッド。左はご存知Ampegの8×10″。レコーディング対応の為、2種類のアンプを常設しています。

WEST1-2

 

下はキーボード側から見た写真。

WEST1-3

 

ベース側から見ると一番奥にSoldanoとBognerアンプが見れます。

WEST1-4

しかし、一つ残念なニュースが …..
最近レコーディングでの使用が多く、日にちによってはリザーブがしにくいことが多くなって来ています。J’z WestのW1スタのご予約はお早めに!

スタジオご利用のお客様に機材増強のうれしいニュース!
まだまだ続きますよ〜!


機材増強プロジェクト <その2> Jスタに新しいギターアンプを導入しました!

つい2日前までは、本館Jスタは合計4台のギターアンプを常設していました。

左右に定番のFender Twin ReverbとRoland JC-120。それにMarshallが2台、JCM2000 DSL100とVintage Modern 2466B。

Jスタ-1

上記4台に加わったのが、下の写真の真ん中にある”Bugera 333″です。ちまたで色々な意味で話題の製品ですが、コストパフォーマンスが信じれないほどで、かなり!驚きの!サウンドとトーン!

Jスタ-2

ジェイズでギター講師をしているミゲールも、これはなかなかGOOD!このコストパフォーマンスには驚きとのコメント。

Jスタ-3

クリーン、クランチ、歪のリードの3チャンネルのサウンドが非常に分かりやすく設定されています。付属のフットスイッチで簡単にチャンネルの切り替えが可能です。(少しわかりにくく慣れるのにちょっと時間がかかるかもしれません)

Jスタ-4

JCM2000やVintage Modernとは全く違ったクランチ〜激歪までかなり守備範囲が広く、このアンプにはまるギタリストも多いのではと想像します。

これでJスタは、個性派のアンプ総勢5台が揃いました。より良いスタジオ環境を目指すジェイズの追求はどこまで行くんでしょうか?なかなか歯止めがききません。

….. 機材リニューアル増強プロジェクトまだ続きます!


Recording関連の最新情報を更新しました!

ジェイズスタジオでは、
本格的なレコーディングから
セルフレコーディングまで、
トータルにサポートする環境を構築しています。

好評を頂いているJ’zレコーディング関連の
最新情報を本サイトにアップしました。

< ジェイズならではのレコーディングとは?>

< ジェイズRECアルバム >

… 等、詳しは下記写真をクリックして下さい。

JzStyleRec400

レコーディングに関するご質問やお問合せは
お気軽にジェイズスタッフまでお問合せ下さい。

ジェイズ・スタジオ
0561-72-9805